公務員の一番理想の上司とは?【上司ガチャ】

公務員って上司次第で仕事のやりやすさが全く違うって聞くけど、本当のところはどうなんだろう…?

こういった質問にお答えします。

公務員にとって上司がいちばん重要な理由

民間企業でも上司のアタリ・ハズレが自分の仕事に大きく影響をすることはもちろんなのですが、公務員の方が性質上、より影響を受けやすいです。その理由としては次の2つがあげられます。

・3年に一度は部署を異動しないといけない
・公務員は個人プレーではなくチームプレー

基本的にどの自治体でも3年に1度という短いスパンで異動が行われるため、そのたび上司が目まぐるしく変わっていきます。加えて、仕事の性質上、個人プレーで事業を進めることができないため、必ず上司との協力プレーが必要になってくるところも特徴の一つです。これらの理由からも、公務員にとっての上司との関係性が重要であることがわかると思います。

以下、詳しく説明していきます。

3年に一度は部署を移動しないといけない

公務員の大きな特徴として「3年に一度は部署を異動をする」という、どの自治体にも通ずるルールがあります。別に法律で決まっているわけではありませんが、ほとんどの自治体は3年サイクルで異動を繰り返します。

では、なぜ短い期間に異動を繰り返すのでしょうか。

理由は、1つの部署に長くとどまるよりも、短期間で多くの部署を移動したほうがその部署の仕事に対してより多くの職員のチェック機能が働くため、仕事の効率性があがったり不正な処理を正す効果が期待できるからです。

要は「人事異動を頻繁に行うことで組織の新陳代謝を高める」といったところでしょうか。

つまり、最低でも3年に1度は直属の上司がかわります。しかも、上司は係長、課長、部長…といろいろな役職があるため、毎年上司の誰かが変わってしまうのは公務員にとって当たり前の光景です。

頻繁に異動すると、そのたびに新しい仕事の勉強をしないといけないから大変だね

もちろん自治体の方針や職員の意向によっては、ずっと同系統の部署に在籍して、その仕事をより深く理解した職員を目指すということも可能です。いわゆるゼネラリストスペシャリストのどちらかを目指すかを選択することが可能な場合もあります。

ただし、技術系の職員はいわずもがな試験区分と親和性のある部署にしか異動はしません。逆に事務系の職員は仕事については、それほど専門性が高くないので、引き継ぎを受ければすぐに取り掛かることができるレベルの仕事をしていると言ってもいいかもしれません。

公務員は個人プレーではなくチームプレー

たとえば民間企業だと、仕事のできる営業マンが1人で1ヶ月に何千万円という売上を叩き出すため、上司はその社員に対して何も文句が言えない―――なんてことは実際あったりしますが、公務員ではそのような現象はまず起きません。

理由は、公務員というのは結果が表れにくい仕事がほとんどだからです。

公務員は主に税金を財源として事業を行っていますが、その主な事業は「道路・教育・福祉」と言った公共性が強いものばかりです。これらは利益が出にくいため企業がやりたがらず、つまり市場の原理に任せるわけにはいかないが、どれも社会には必要不可欠の事業であるため税金を財源として行政が事業に取り組んでいるというわけなんです。

利益が出る分野はすでに企業が参入し、サービスを提供しています。なので、公務員から超エリート職員が生まれることはめったにありません。

上司のアタリ、ハズレを見分ける方法とは?

ハズレの上司ってどうやって見分けるんだろう?

上司の種類をざっくりと4種類に分けて、仕事のやりやすい順で、上から順位並べてみました。

① 有能で優しいタイプ
② 有能で怖いタイプ
③ 無能で優しいタイプ
④ 無能で怖いタイプ

ぱすてる
ぱすてる

優しい・怖い以前に、有能かそうでないかが重要になってきます!

このように、単純に上司を評価する方法としては、2つのベクトルで計測するといいです。

まず、有能か無能か。
そして、優しいか怖いか。

上司を評価するには、まずこの2つの指標で分類しましょう。

前提として、怖い=パワハラというわけではありません。そのような職員は適正に処罰されてあたりまえという前提のもと、ある一定のレベルで怖いという上司で話を進めていきます。

同じように、無能もある一定のレベルを想定してください。あくまで、ちゃんと公務員試験に合格して、職務専念義務に従って適法に仕事をしている職員であるという前提のもと話を進めていきます。

上司は有能であることが一番重要です!

意外かもしれませんが、優しいことがアタリの上司の絶対条件ではありません。

アタリの上司の絶対条件は優しいかどうかではなく、有能かどうかです。必ずしも優しい上司がアタリとは限らないのです。

「②有能で怖いタイプ」のほうが「③無能で優しいタイプ」よりもアタリだっていうの?

なぜ「無能で優しいタイプ」がアタリの上司ではないのでしょうか。

たとえば、優しくて部下のやり方を尊重してくれる上司がいたとします。
あるとき、上司とその部下は新しいプロジェクトを任されました。上司は、部下のやり方を尊重して自由に仕事をさせていたところ、ある日職場で一番上の幹部に仕事のダメ出しをされました。
ところが、やさしい上司は部下の仕事に何も口出しをしていないため、詳細な内容がわからず部下の味方になって一緒に説明することができません。結局幹部を説得しきれず、仕事は1からやり直しに…

実はこんな話はよくあります。

いくら優しいからと言っても、優しさだけでは部下を仕事で守ることができないという最たる例です。

仕事をしていて、意見がぶつかったり、上司に注意されたり怒られたり…ということはあって当たり前なんです。先程の優しい上司は、部下との関係性を気にするあまり、部下に言いたいことを言えない状況になっていたとも取れますし、ただ仕事をサボりたいがために、部下に任せっきりにしていたとも取れます。

実は、ちゃんと叱ってくれる上司ほどいざというときに味方をしてくれます。

ハズレの上司を引いた場合、どうすればいいのか?

ハズレの上司をひいてしまった…どうしよう…

そんなときは、まず次の2のどちらに当てはまるのかを考えてください。

・今すぐ上司から離れたい場合
・我慢はできるが、少しでも仕事をスムーズにしたい場合

今すぐ上司から離れたい場合

上司から離れるために一番最初にすることは、「所属長に相談する」です。

所属長というのはその部署で一番えらい人、いわゆる課長などの役職の人を指します。

所属長は人事権をもっているので、自分の課の人事配置を好きに決めることができます。つまり、人を動かす力を持っているわけなので、その人に直接配置換えを頼むのが一番効果的なのです。

我慢はできるが、少しでも仕事をスムーズにしたい場合

このような場合、いかにそのハズレの上司とうまく付き合うことができるのかを探って、自分なりの対処法を確立させるしかありません。

ちょっとしたことでイライラする上司であれば、普段から積極的に雑談をして雰囲気和ませる努力をしたり、重要なことを忘れがちな上司であれば、自分からリマインドを入れてあげたりと、どんなにめんどくさいと思われることでもやる他ありません。

結局のところ公務員はチームプレーです。1人では何もできないということを忘れずに、自分がいかに気持ちよく、スムーズに仕事をすることができるのかを探る必要があるのです。